投稿者「川西だるま整骨院」のアーカイブ

筋肉の必要性!!➀

みなさんこんばんは!
川西だるま整骨院です😃
最近は肌寒い日も多くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
だるまの患者さんでも急性腰痛、いわゆるギックリ腰や寝違いなどの急性的な症状が凄く多くなっています。
急性症状が出てしまうと日常生活やお仕事にも影響してしまうので予防していきたいものですね・・・
今回は筋肉の必要性について今回は書かせて頂きます!!

みなさんは筋肉はありますか??(笑)

あるかどうかと聞かれて、自信満々にあります!!と言える方は恐らく少ないと思います。
なぜなら、年々筋力は落ちていくからです・・
悲しい現実です・・
どのくらいのペースで落ちていくかと言いますと、20歳をピークに年間1%~2%落ちていくと言われています。
では、ご自身の年齢から計算してみてください。
結構落ちてませんか?
20歳に比べてそのくらい筋肉は落ちてしまっています。
だから、身体の調子が悪くなってしまったり腰が痛くなったり肩がこったりしやすくなってしまいます。
ちょっと筋肉鍛えないと、運動が必要だなと思って頂けたでしょうか??
では、どうやって鍛えていくかどの筋肉を鍛えていくかはまた次回のブログにてお話させて頂きます😃
乞うご期待!!

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

筋肉を鍛えるといいことあるよ!パート35

筋肉を鍛えるといいことあるよ!パート35
川西だるま整骨院はお身体の根本改善施術の骨格矯正の施術をご用意させて頂いております。
「ブログを見た」とことまずはお電話ください!
しかも最短5分の骨格矯正です!
前回のおさらい、太ももの裏側についているハムストリングからお伝えさせて頂きます。

●ハムストリング

ハムストリング(太ももの裏側についている筋肉)は、

・大腿二頭筋長頭(だいたいにとうきんちょうとう)

・大腿二頭筋短頭(だいたいにとうきんたんとう)

・半膜様筋(はんまくようきん)

・半腱様筋(はんけんようきん)

の4つの筋肉をまとめていうときの総称です。
まずは、ハムストリングの起始(スタート)停止(終わり)からみてみましょう。
ハムストリングがついている骨の部位は、
起始(スタート):坐骨、大腿骨の後面
停止(終わり):脛骨と腓骨の上端

です。
次にハムストリングの作用について考えいきましょう。
筋肉の作用を考えるとき、その筋肉がどの関節をまたいでついているかをみることが大切です。
筋肉が、縮んだときに動きが起きるのは、またいでいる関節部分になります。
ハムストリングは、股関節と膝関節をまたいでついています。
そのため、股関節と膝関節の両方の関節に作用することになります。
今回は太ももの裏側についているハムストリングの作用について学んでいきましょう!
今回から3回に分けて、ハムストリングの筋肉の作用(はたらき)をお伝えさせて頂きます。
筋肉の作用を考えるとき、その筋肉がどの関節をまたいでついているかをみることが大切です。
筋肉が、縮んだときに動きが起きるのは、またいでいる関節部分になります。

●ハムストリングの作用

ハムストリングは、股関節と膝関節をまたいでついています。
そのため、股関節と膝関節の両方の関節に作用することになります。
膝関節が動く場合の作用は、【膝を曲げる】です。
ハムストリングが縮むと、膝から下の骨である脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)を引っ張ることで、膝が曲がります。
ちょっと専門用語が多くなり難しくなりましたね。
気になる方はいつでもどこでもどんな時でもだるまの先生にお尋ね下さい!
知ってると出来るの基準は大きく違います!
是非、今日から筋力トレーニングしていきましょう。

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

足のむくみについて

みなさんこんにちは!
川西だるま整骨院です(*^^*)

今回は足がむくみ原因、予防、対策にについてお話します!

何故足がむくむのか...
原因は、血液の流れが悪くなりやすい重力の関係上水分が足に溜まりやすいからです!
一般的に立ち仕事をする方に多いですが、実はデスクワークの方にも多いんです!
共通するのは、同じ姿勢で仕事をしているという事です!
同じ姿勢を続けることによって足の水分の循環が悪くなり、とどまる事によって足がむくみます!
更に足の筋力が低下することで、血液を足から心臓に戻す筋肉(ふくらはぎ)が働かなくなり、血液がとどまりむくむ原因となります!
では、どうしたら予防できるのか。それは簡単です!
筋肉を働かせればいいんです!
軽く運動するのも良し!運動が苦手な人やデスクワークが多い人は、階段を使ったり、足先を動かすだけでもふくらはぎを使うので予防になります!
日頃から心がけることが大事です!

では、むくんでしまったらどうしたら良いのか...
むくみにはツボが有効です!
いくつかご紹介します!
➀豊隆・・・すねの骨の外側、膝と足首の中間で外側の筋肉が一番盛り上がっている所
➁足三里・・・むこうずねの外側を下から上にさすっていくと骨に当たって止まる所があるので、そこから小指側に指2本分外側のくぼみ
➂太衝・・・足の甲で親指と人差し指の間をなぞり、指が骨にぶつかったところのくぼみ                       etc.
これらを軽く押すだけでも全然違います!
気になった時に一日10秒だけでも押してみてください!
もしわからない事がありましたらいつでも川西だるま整骨院に来てください!
川西だるま整骨院では根本治療の骨格矯正をメインに施術させて頂いています!
ブログを見たとご連絡頂くと初回骨格矯正は無料で体験できます。
ご連絡お待ちしております(^^)

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

寒暖差による腰痛・・・

みなさんこんにちは!
川西だるま整骨院です(^^)最近は雨も多い日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか??
最近のだるま整骨院で多くなっているのが寒暖差による腰痛です。
今は夏だから、腰痛って多いの?って感じる方も多いと思います。
ですが、

夏だからこそ気を付けて頂きたいです。

寒暖差が一番起こるのがやはりエアコンと外の気温です。
どうしてもこの季節はエアコンが手放せないので家の中では冷えてしまい、
一歩外に出ると暑いという状態になってしまします。
そうなる事で身体が温度調節が上手に行われず、負担がかかってしまします。
結果・・・
朝起き上がった際に腰痛で動けない、荷物を持ち上げた際に腰痛になってしまった。
などの症状が出てしまいます。しっかり防ぎたい腰痛です。
ここ川西だるま整骨院では根本施術の骨格矯正をメインに施術させて頂いております。
寒暖差による腰痛も、普段の腰痛も基本的には歪みが原因と言われています。
歪んでしまうと神経や血管を圧迫してしまい痛みが出てしまいます。
まずは一度骨格矯正を受けて頂き、変化を感じて頂きたいです。
このブログを見たとご連絡頂くと初回骨格矯正が無料で受けて頂けます。
ご連絡お待ちしてます😃

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

雨の日の腰痛!

皆さんこんにちは!
川西だるま整骨院です!
最近は晴れの日も多いですが、この前までは梅雨と思うくらい2週間程雨が続きましたね!
雨の日は川西だるま整骨院も腰痛や膝が痛いなどの症状が悪化する方がとても多いですが、皆さん何故か分かりますか?

今回は雨の日の腰痛についてのお話です!

あまり聞くことはないとは思いますが、雨の日に症状が悪化するのは気象病と言います!
雨や台風といった天気になってしまうと低気圧になるのですが、高気圧から低気圧へ変化してしまうと、身体の自律神経が過剰に反応してしまい乱れてしまいます。
自律神経の乱れにより腰痛が悪化してしまったり、後は気圧が低い状態というのは物体が膨張してしまう性能があります。
それにより身体の血管や関節や神経を微小ながら圧迫してしまいます。
よって血行が悪くなったり圧迫によって腰痛も悪化しやすいということです。
腰痛に限らず頭痛もそうですしあらゆる部分が雨の日は悪化しやすいです。
結果何を伝えたいかと言いますと雨の日こそしっかり身体のケアが必要だという事です!
しっかり水分を摂ったりこまめな入浴や運動も効果的です!
川西だるま整骨院の施術も雨の日の症状にとても効果的なので、雨の日は腰痛が出やすい方は相談だけでも大丈夫なのでいつでもご連絡ください!
お待ちしております!

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

筋肉を鍛えるといいことあるよ!パート34

川西だるま整骨院はお身体の根本改善施術の骨格矯正の施術をご用意させて頂いております。
「ブログを見た」とことまずはお電話ください!
しかも最短5分の骨格矯正です!

前回のおさらい、腕の筋肉「前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)」からお伝えさせて頂きます。

●前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)

前腕伸筋群の作用は、【手首や指を伸ばす】です。
前腕伸筋群がまたいでいる関節は、手首や手の中のたくさんの関節なので、多くの関節を伸ばす作用があります。
前腕伸筋群は、手首や手を伸ばす動きが出てくる動きで使わています。
なので、日常生活で手を使う動きのほぼすべてで使っています。
前腕伸筋群はこんな筋肉のあつまりです。
・総指伸筋(そうししんきん)
・長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)
・短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)
・尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)
・長母指伸筋(ちょうぼししんきん)
・長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)
・示指伸筋(じししんきん)
・小指伸筋(しょうししんきん)

こんなにたくさんの筋肉から前腕伸筋群は出来ています。
まとめると、前腕伸筋群は手首や手を伸ばす時に使う筋肉と覚えてください。
今回は太ももの裏側についているハムストリングについて学んでいきましょう。

●ハムストリング

ハムストリング(太ももの裏側についている筋肉)は、
・大腿二頭筋長頭(だいたいにとうきんちょうとう)
・大腿二頭筋短頭(だいたいにとうきんたんとう)
・半膜様筋(はんまくようきん)
・半腱様筋(はんけんようきん)

の4つの筋肉をまとめていうときの総称です。
まずは、ハムストリングの起始(スタート)停止(終わり)からみてみましょう。
ハムストリングがついている骨の部位は、
起始(スタート):坐骨、大腿骨の後面
停止(終わり):脛骨と腓骨の上端
です。
次にハムストリングの作用について考えいきましょう。
筋肉の作用を考えるとき、その筋肉がどの関節をまたいでついているかをみることが大切です。
筋肉が、縮んだときに動きが起きるのは、またいでいる関節部分になります。
ハムストリングは、股関節と膝関節をまたいでついています。
そのため、股関節と膝関節の両方の関節に作用することになります。
次回は作用についてお伝えしていきます。
知ってると出来るの基準は大きく違います!
是非、今日から筋力トレーニングしていきましょう。

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

筋力低下を実感している方必見です!➁

みなさんこんにちは!川西だるま整骨院です!
最近は暑さも増してきましたがいかがお過ごしでしょうか?
前回ブログでもお伝えさせて頂きましたが、今回はインナーマッスルを
鍛えていく方法をお伝えさせて頂きます😃

しかし、インナーマッスルを鍛えていくのも簡単な事ではないんです・・

何故かと言いますと、筋肉もつき始めるのが約90日およそ3ヶ月くらいかかると言われています。
血液の生まれ変わりがそのくらいと言われているので最低でもかかってしまいます。
筋肉も鍛えていくのも継続が凄く大事になってくるのは覚えておいてくださいね(^^)
では、インナーを鍛えていく方法ですが一番は姿勢です!!!
え?姿勢?と思われた方もいらっしゃると思います。
そうなんです!
姿勢を良くするだけでインナーマッスルが鍛えられるのです(^^)
姿勢を良くする方法としては骨盤を起こすのがすごく大事になってきます。
骨盤が倒れてしまうといわゆる猫背になってしまいます。
猫背になってしまうとインナーマッスルが使えてない状態なので筋力はなかなかつかないです。
まずは、骨盤を起こすというのは意識してみてください!!!
体の気になることや何か質問等ありましたら川西だるま整骨院がお手伝いさせて頂きます!!
ご連絡お待ちしてます(^^)

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

お尻が垂れる原因

皆さんこんにちは!川西だるま整骨院です!
今日はお尻が垂れる原因と予防法をお伝えします。
お尻が垂れる原因は主にお尻の筋の筋力不足骨盤の歪みです。
筋力不足は普段の生活でお尻の筋肉が使えていない事が原因だと思われます。
お尻は主に大臀筋中臀筋小臀筋という3つの筋肉で形成されています。
3つの筋肉の内、最も大きい筋肉は大臀筋で、大臀筋がヒップラインなどの見栄えを左右しますが、
人の体の仕組みとして普通に歩くだけだとお尻の大きな筋肉はあまり使われていません。
使わなくても歩けてしまうので、自然に使わなくなってしまって筋力が低下してしまいます。
筋力が低下すると重力に負けて徐々に垂れ尻が完成してしまいます。
ではどうしたら良いかと言いますと、歩く時に少しでも歩幅をいつもより大きくして歩きます。
そうすることによってお尻の筋肉が動きます。
これを日々繰り返すことによってヒップアップが期待できます。
気になる方は地道に繰り返してみてください。
そしてもう一つの原因である骨盤の歪みは当院の骨格矯正で解消できます!
川西だるま整骨院では根本治療の骨格矯正をメインに施術させて頂いています。
根本の骨格を整えることで骨格を正しい位置に戻し、それに伴って筋肉も正しく動かすことができます。
ブログを見たとご連絡頂くと初回骨格矯正は無料で体験できます。
ご連絡お待ちしております(^O^)

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

顎関節症からくる頭痛

皆さんこんにちは!川西だるま整骨院です!
最近は梅雨も終盤に差し掛かっておりますが、まだ雨も多く気圧の問題で頭痛など起きていないでしょうか?
気圧の変化という起点もありますが実は頭痛は顎関節からくる場合もございます、ご存知でしたでしょうか?

今回は顎関節症からくる頭痛についてのお話です!

顎関節に痛みが出たり、口の開け閉めで音が鳴ったりするのを顎関節症と言いますが、実は日本人の2人に1人は経験すると言われているほど多い症状です。
顎の噛み合わせが悪かったりストレスから顎関節症になり、顎の筋肉の咬筋や側頭筋が硬くなり緊張性頭痛に繋がります。
左右両側や耳のやや前方に痛みがあれば顎関節からの緊張性頭痛が原因かも知れません。
20~40歳の女性に多く発症するのと、顎関節症が酷くなると痛み具合が鈍い強い痛みになってきたり、めまいやふらつき、肩や首のこりにも繋がってきますので、顎関節症が疑わしく頭痛もあるのであれば早めの改善をおススメします!
川西だるま整骨院では顎関節症が改善する骨格矯正をメインで施術を行っております。
頭痛が長年続いていたり、顎関節症でお悩みの方はご相談だけでも受け付けておりますのでご気軽にご連絡ください!
ご連絡お待ちしております!

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話
 

筋肉を鍛えるといいことあるよ!パート33

川西だるま整骨院はお身体の根本改善施術の骨格矯正の施術をご用意させて頂いております。
「ブログを見た」とことまずはお電話ください!
しかも最短5分の骨格矯正です!
前回のおさらい、腕の筋肉「前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)」についてです。

●前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)

前腕屈筋群は前腕(肘から手の指)についている筋肉です。
同じように前腕についている前腕伸筋群とは裏表の関係になるので、セットで覚えましょう。
前腕屈筋群というのは、いくつかの筋肉の総称です。
1つ1つ学ぶと難しくなるので、前腕の前面(手のひら側)についている筋肉をまとめて学んでいきましょう。
詳しく知りたい方は検索して画像でイメージして頂く方が良いと思います。
起始(始まり):上腕骨内側の肘側、前腕骨前面
停止(終わり):手・指のひら側
です。
前腕屈筋群を日常生活で使う動作は
・手を握る時(手をグーにする時)
・買い物カゴを手に持つ時
・鉄棒にぶら下がる時

上記のような時に使うので握力に直接関係してくる筋肉です。

今回もお伝えするのは腕の筋肉、「前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)」についてです。

●前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)

前腕伸筋群の作用は、【手首や指を伸ばす】です。
前腕伸筋群がまたいでいる関節は、手首や手の中のたくさんの関節なので、多くの関節を伸ばす作用があります。
前腕伸筋群は、手首や手を伸ばす動きが出てくる動きで使わています。
なので、日常生活で手を使う動きのほぼすべてで使っています。
前腕伸筋群はこんな筋肉のあつまりです。
・総指伸筋(そうししんきん)
・長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)
・短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)
・尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)
・長母指伸筋(ちょうぼししんきん)
・長母指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)
・示指伸筋(じししんきん)
・小指伸筋(しょうししんきん)

こんなにたくさんの筋肉から前腕伸筋群は出来ています。
まとめると、前腕伸筋群は手首や手を伸ばす時に使う筋肉と覚えてください。
知ってると出来るの基準は大きく違います!
是非、今日から筋力トレーニングしていきましょう。

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話