体温と免疫力

皆さんこんにちは!川西だるま整骨院です。
皆さんは自分の平熱を知っていますか?
健康的な人の平熱は36.5〜37.1度といわれています。
実は今、平熱が36度以下といういわゆる「低体温」の人が増えているそうです。
体温が下がると血流が悪くなり免疫力も低下し、体内の異物を発見しても素早く駆除してくれる白血球を集めてにくくなり、ウイルスや細菌に負けて発病しやすくなってしまうのです。
免疫力は体温が1度下がると30%低下し、逆に1度上がると一時的には最大5〜6倍にアップするといわれています。
低体温の原因の約9割は筋肉量の低下と考えられています。昔に比べ現在のライフスタイルは便利になり、日常生活における運動量は低下しています。運動量の低下にともなって筋肉量も減少します。筋肉は人体最大の熱産生を担っているので、筋肉が少なくなると基礎代謝が下がり体温も下がります。なので筋肉量を増やしてそれを維持する生活習慣が大切です。
筋肉を維持するためには毎日の生活で適度な負荷をかけ続けることが必要です。
例えばウォーキングは効率よく筋肉を鍛えることになります。
当院で行なっているインナーマッスルトレーニングも筋肉を鍛えて維持する効率のよい方法の一つです!
筋肉量をUP⤴️!して体温をUP⤴️⤴️!!そして免疫力をUP⤴️⤴️⤴️!!!
UP✖️3で元気に過ごしていきましょう😊

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話