食欲の秋

皆さんこんにちは!川西だるま整骨院です(^^)
早いもので今年もあと3ヶ月をきり、季節はすっかり秋ですね。
食欲の秋」という言葉があるように秋は食べ物が美味しい季節です。ついつい食べ過ぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。
秋に食欲が増加する理由にはいくつかあるといわれています。
一つ目はセロトニンというホルモンと食欲の関係です。セロトニンは心身の安定につながる脳内のホルモンですが、日照時間が短くなると分泌が少なくなります。糖質を摂取すると分泌が増加します。
秋になると日照時間が短くなってきて分泌が減少するのを食事を摂取することで補うために食欲を増加させます。
二つ目は気温との関係です。気温が低くなると基礎代謝量が増加します。寒い冬に備えて、たくさん食べてエネルギーを補充しようとします。
三つ目は実りの秋といわれるように、美味しいものがたくさん出回るため、食欲が増すという自然の流れです。
とはいえ食べ過ぎは様々な健康トラブルを引き起こします。
エネルギーの過剰摂取による肥満はもちろんのこと、コレステロールや中性脂肪の増加血圧や血糖値の上昇など、これらは血管を硬く老化させて脳梗塞や狭心症など重大な病気の原因にもなります。
秋の味覚を楽しむ場合、はじめに野菜やきのこのサラダ、続いて秋刀魚の塩焼き、最後に栗ご飯(あくまで一例ですが…)と食べる順番によってメタボリックが予防できるといわれています。
実りの秋!美味しいものがたくさんですが、食べ過ぎに注意しつつ食事を楽しみたいですね(^^♪

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話