血液の働きについて

皆さんこんにちは!川西だるま整骨院です!
今日は血液のお話しをしたいと思います。

血液の働き

皆さん血液は「体の中を流れるもの」というイメージがあるかと思います。血液の流れ、すなわち血流を作り出しているのが心臓です。
人間の体は心臓から血液が全身の細胞へ動脈という通路を使って送り出され、静脈という通路を使って心臓に血液を戻します。
血液の働きは酸素を肺から組織へ運び、二酸化炭素を組織から細胞に運びます。
また消化管で吸収された栄養素が肝臓や組織に血液を経由して運ばれます
細胞組織から生じる老廃物も血液によって運ばれて腎臓で処理されます。
白血球は血液の中を移動して体内に侵入した細菌やウイルスなどの外敵を排除するのが役割です。
血小板は血管が破綻したときにそこに集まって凝集し血栓を作って破綻した穴を塞いで血液の流失を防ぐ働きがあります。
つまり血液は常に体の中を流れ巡って、必要な場所に必要なものを移動させる運搬の役割があるということです!
血液を体内でしっかり循環させることはとても大切なことですね!
川西だるま整骨院では根本治療の骨格矯正をメインに施術させて頂いています。
根本の骨格を整えることで血液の循環も良くなります
ブログを見たとご連絡頂くと初回骨格矯正は無料で体験できます。
ご連絡お待ちしております(^^)♪

LINE・メールは24時間
ご予約ご相談受付中!
川西市で骨盤矯正なら川西だるま整骨院ラインメール電話