運動の大切さと筋力低下!

皆さん、こんばんは(^^)/整骨院内一身体が大きい者です♬
最近はお子さん連れの方が増えている一方で子供を抱っこした際にギックリ腰になられた方が急増しています。寒くなる今だからこそ予防が大切ですね(^^)/

さて、今回は運動と筋力について!

では、どれくらい運動すれば良いのでしょうか?

A.8000歩のウォーキング

身体は年間約1%の筋力が落ち老化が進行していきます。
何もしないのではなく適度な運動が寿命を延ばし寝たきりを防ぐ事が出来ます。
ハーバード大学の研究結果で運動によって健康がどれほど変わるのか検証されています。

最も早世のリスクが高かったのは「全く運動しない」グループでした。
ここまでは予想通りですね。

それに比べて、推奨量の週に150分という運動を行っていたグループは、全く運動していなグループに比べて死亡のリスクが31%も低かったとのこと。
これで週に150分運動することが推奨されているのは、正しいように見えますが、「推奨されている運動量に達しないものの、いくらかは運動を行っていた」というグループでも、早世のリスクは運動をしないグループに比べて20%も少ないことが判明しましたのです。
つまりある程度運動を取り入れるだけでも、全く運動しないより比較的長生きできるということです。

当院でもトレーニングのメニューも取り入れ身体改革を皆さんがされています!

今回も健康について書かせて頂きました。これからも身体の事をアップしていきたいと思います。
LINEもしくはお電話お待ちしていますね(#^.^#)