「笑い」がガン細胞を撃退!

皆さん、おはようございます(^^♪
昨日は姿勢矯正や急性の患者さんが多く来られましたが、矯正治療に喜ばれて帰られました(^^)/

さて、今回は健康になるための一つ「笑う」について!最近では笑いヨガなどもあるみたいですね!

一日に発生するがん細胞の数はどれくらいでしょう?

A.3000~5000個

がんで亡くなられる方が多い日本ですが、毎日こんなにもがん細胞と戦っているのですね。その戦っている良い細胞の一つがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。
そのNK細胞が笑うことによって一気に活性化されます。
その他にも下記のようなメリットがあります(^^♪

(1)脳の働きが活性化
脳の海馬は、新しいことを学習するときに働く器官。笑うとその容量が増えて、記憶力がアップします。また、”笑い”によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスするほか、意志や理性をつかさどる大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、脳の働きが活発になります。
(2)血行促進
思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態。体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりがよくなって新陳代謝も活発になります。
(3)自律神経のバランスが整う
自律神経には、体を緊張モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、両者のバランスが崩れると体調不良の原因となります。通常起きている間は交感神経が優位になっていますが、笑うと副交感神経が優位になるので、交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり、自律神経のバランスが整います。
(4)筋力アップ
笑っているときは心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、いわば”内臓の体操”の状態。静かに過ごすより笑っているほうが、カロリーの消費量が多くなります。さらに、大笑いするとお腹や頬が痛くなるように、腹筋、横隔膜、肋間筋、顔の表情筋などをよく動かすので、多少ながら筋力を鍛えることにもなります。
(5)幸福感と鎮痛作用
笑うと脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されます。この物質は幸福感をもたらすほか、”ランナーズハイ”の要因ともいわれ、モルヒネの数倍の鎮静作用で痛みを軽減します。

どうでしたか?笑う事の大切さ。川西だるま整骨院は治療以外にも皆さんに元気に笑顔になって頂けるように日々取り組み皆さんの笑顔を一つ一つ獲得しています( ;∀;)
皆さんも心と身体を元気にしていきましょう(^^♪