血行①

皆様おはようございます♪

これまでの代謝について少しでも実践できていますか?(^^)/
今回からは「血行」について!!

まずは、血行不良が起こす症状!

血行不良は体にさまざまな悪影響を及ぼします。ここでは血行不良が体に与える影響を見ていきます。

1.「冷え性」
冷え性は手足の先、腰、腹部、背中などが冷えている感覚が常にある状態を指します。その一番の原因といわれるのが血行不良。血行が悪くなると、心臓から遠い手足から冷えが始まるといいます。

2.「肩こり」

猫背などの姿勢を長時間取り続けると、傾いた頭を支えるために首や肩の筋肉が収縮して硬くなり、付近の血管を圧迫することに。これが血行不良を招き、疲労物質などを流れにくくしてしまうのです。結果、疲労感や重だるさといった、いわゆる肩こりのサインが表れやすくなります。

3.「肌トラブル」
肌のトラブルは血行不良から起こることが多いもの。酸素や栄養を運ぶ血液が肌にもきちんと行き渡らないと、新陳代謝が悪くなって顏のくすみやごわつき、吹き出物などを招くことに。
また、目の下のクマも血行不良を疑ってみましょう。顔の中で皮膚が最も薄いといわれる目の周辺。血行不良で静脈血がうっ血するとその部分が透けて「くま」となって表れるのです。

4.「体のむくみ」
血液は水分や栄養分を細胞へ運ぶと共に、二酸化炭素や不要物を回収する役目を持っています。血行不良が起こると不要になった水分が体内にたまり、むくみにつながるのです。

5.「その他の悪影響」
血行不良による体への影響は他にもたくさんあります。
疲労がたまりやすい
倦怠感を覚える
便秘になりやすい
食欲が出ない
・ぐっすり眠れない

このように、生活を送る上でさまざまな影響が出てくるのです。
次回はどのように血行不良が起きるのかを書いていきます。

お楽しみに(^^)/